MENU

フェイシャル記事一覧

お肌に「透明感がない」「なんとなくくすんでいる」といった場合、毛穴の黒ずみが原因になっていることが少なくありませんん。あるいは、もっとはっきり、毛穴から黒い汚れが見えているようなことさえあります。ファンデーションでごまかすのはもうやめましょう。フェイシャルエステに行けばすっきりと解決することが多いです。・黒ずみの正体はメイク落としや日ごろのお肌ケアで、クレンジングにはすっかりなれたつもりの人も多い...

クレンジングは自分でやる日ごろのお肌ケアのうちでも、もっとも手間も時間もかける部分でしょう。でも、うまくいっていますか?実は間違ったやり方をして、むしろお肌にマイナスになっている人も多いのがこのクレンジングです。フェイシャルコースを受けてみ、一度ちゃんとしたクレンジングを経験することは、自分でのケアにもきっと生かせるはずです。・フェイシャルエステでのクレンジングの意味フェイシャルエステでは、美肌・...

超音波振動を使った美顔器は、いまや家庭用のものまで登場して、すっかりとおなじみになりました。もちろん、こういったものを利用するのもいいでしょう。ですが、それで満足していてはいけません。やはりエステサロンのフェイシャルコースで使われているものは業務用だけあって、効果は一段上です。もし、自分でのケアでは満足がいかないようならば、フェイシャルエステに通うことも考えてみましょう。決して無駄にはならないはず...

「フェイシャルエステのケアを受けて、ものすごく痛かった.その代わり、ものすごく効果があった」と、「痛みなど全く無かった。痛みを感じさせるのはそのケアがインチキな証拠」と全く正反対の話が聞かれます。はたしてどちらが本当なのでしょうか。・リンパマッサージは痛くない痛みついてよく話題になるのは、フェイシャルエステの中でも特にリンパマッサージについてです。リンパは皮膚の中ではごく浅いところを流れています。...

「結婚式なんだから、最も自分の輝いている姿を見せたい」というのは、当たり前のことですよね。とはいえ、式の打ち合わせ、新居の用意などなど、ほかの準備に追われて、「お肌の手入れが十分にできなかった」という花嫁も多いものです。こういった後悔をしないようにエステのブライダルコースを利用しましょう。・ブライダルコースがおすすめエステサロンの中には、ブライダルコースがないところもありますし、一般的なフェイシャ...

「フェイシャルエステに行ってみたいけれども、どう申し込んでいいかわからない」「実際にはどのように通うのか」といったことが気になる人もいるでしょう。そう問題になるようなとはないのですが、注意点をいくつかピックアップしておきましょう。・最初はカウンセリングいきなりお店に行くような人もいるかもしれません。これでも、大丈夫なことも多いかもしれませんが、おすすめはネットや電話からの予約です。といっても、この...

フェイシャルのケアを受けようと、エステサロンを探していると、まず目に入るのは、誰もが知っているような大手チェーン店でしょう。その一方で、ほとんど個人がやっているようなエステサロンもたくさんあります。「どちらがいいのかな」と、ちょっと気になるところですね。・エステティシャンのスキルの比較あくまで全体的にですが、個人でやっているところは、ハンドマッサージなどのスキルが高いです。というのは、こういったと...

最近のエステサロンは、フェイシャルコースにも熱心にハイテク美容機器を導入しています。ですが、どれだけハイテク美容機器があっても、エステティシャンの熟練の技によるハンドマッサージがなくなることはありません。これこそがフェイシャルコースの最大の魅力と行っていいでしょう。もちろん、しっかりとした効果もあります。・基本はリンパマッサージ顔をマッサージする最大の目的は、「たまっているリンパ液を追い出す」です...

メイクのポイントを目元と考えている人は多いでしょう。できれば、目をぱっちりと見せたいし、その周辺は若々しい肌の色にしたいはずです。ですが、年齢がすぐに出てしまうのも目元ですね。特にまぶたの衰えはメイクでも隠し切れないことが多いです。垂れ下がったり、腫れぼったかったり……これもフェイシャルエステで改善することが多いです。・まぶたや目元に疲れや年齢が出やすいわけ目の周りの皮膚にも血管やリンパ管がたくさ...

自分の顔の写真に、2本線を引いてみましょう。ほうれい線を書き入れるのです。それだけでおそらくは一気に5歳、10歳と老けて見えるでしょう。逆にいまほうれい線のある人は、それが解消できれば、5歳、10歳若返って見えるわけです。これもエステサロンのフェイシャルコースにおまかせです。・軽いほうれい線の場合のメニューもしそのエステサロンにほうれい線対策コースがあれば、それを選べばいいでしょう。ですが、案外に...